vorchaos_mainband

[Member] L→R

2010年結成。2012年より現メンバーにて本格始動。
多種多様な音楽シーンの中でメタル、ラウドロックをベースとし、無限の可能性を追求。
重さと鋭さを併せ持つ攻撃的なサウンドに、事象の持つ二面性や人間の持つ感情の渦を表現した歌詞を伴い、独自のスタイルを構築している。
国内のみならず海外での公演も行うなど、ジャンルや国の壁を越えて精力的に活動の幅を広げている。
2017年2月8日にキングレコード/NEXUSレーベルよりメジャーデビュー。

<History>

  • 2010年
    6月6日 吉祥寺CRESCENDOにて初Liveを行う。
    10月 「LOUDNESS TRIBUTE TO MUNETAKA HIGUCHI」にてLOUDNESSのオープニングアクトを務め話題を呼ぶ。
    2011年
    4月 CLUB CITTA’で行われた「重音楽祭-Benefit for OUR JAPAN-」」に出演。
    5月 「轟音共鳴 TOUR IN TAIWAN 2011 SPRING」に日本からの3バンドの一つとして参加。
    6月 BALZAC & NEW ROTE’KA の
    「死闘!極楽!骨骨ピエロのロックンロールホラーショー!!東名阪頂上作戦」
    ツアーファイナル東京公演にオープニングアクトとして出演。
    8月 CLUB SEATAで行われた「轟音共鳴vol.250 Anniversary」に出演。
    Hayato(Dr.)脱退。
    タクヤ(HONE YOUR SENSE / TakuyaNakata, ex.M.E.S.)をサポートに迎え活動。
    2012年
    1月 1st シングル 「not ONLY ONE」を発表。
    吉祥寺CRESCENDOにて初の主催レコ発イベント「Vortex of chaos」を開催。チケットは完売。このイベントをもってYU(Ba.)が脱退。
    2月 Fuji(Ba.)加入。
    3月 Masashi “USHI” Ushijima(Dr.)加入。
    4月 新体制Vorchaosとして活動開始。日韓同時開催のMetal fest「Hell ride」に出演。
    6月 音楽雑誌「WeROCK」特典映像公開収録イベントに出演。
    (同年9月号の付録DVDにこのライブの模様が収録。)
    2013年
    11月8日 1st アルバム「Vortex of chaos」リリース。
    原宿ASTRO HALLにて、1st アルバムのレコ発イベント「Vortex of chaos vol.zero」開催。
    12月 吉祥寺CRESCENDOにて1st アルバムレコ発イベント第二弾「Vortex of chaos vol.zero’(ダッシュ)」開催。
    2014年
    1月 吉祥寺CRESCENDOにて「NonLinear Metal Dynamix 2014 Melodic Extreme Metal Special!」に出演。(GYZEとANOTHER STREAMとの3マン)。チケットは完売。
    4月〜7月 青森を皮切りに1st ツアー「Vortex of chaos 2014」スタート。全国9ヶ所を廻り、原宿ASTRO HALLにてツアーファイナル。
    8月 「YOKOHAMA ROCK FES.REVOLUTION ROCKS 2014」に出演、PATA(X JAPAN)擁するRa:in、山本恭司らと共演。
    11月8日 吉祥寺CRESCENDOにてバンド初のワンマンライヴを敢行。チケットは完売。2015年
    7月に2nd アルバム「Singularity」をリリース。
    渋谷CYCLONEでのレコ発ワンマンライブを皮切りにリリースツアーをスタート。
    野外フェス、台湾でのフェスへの出演、マーティ・フリードマン岡山公演への出演などを含め、翌2016年3月川崎セルビアンナイトでのツアーファイナルまで、国内外各地でのライブを行う。
    12月には、大日本プロレスのチャンピオン・岡林裕二選手のテーマソングとして2nd Album収録の「Alien」が、また試合会場での転換テーマとして「Zero」が、抜擢。※詳細はこちら
    大日本プロレスのテーマソング集「BJW MUSIC FILE 2」(キングレコード)に収録された。2016年
    各地でのツアー、フェスへの出演、ワンマンライブなどさらに精力的な活動を展開。
    PS4オンラインゲーム「LET IT DIE」音楽コラボ企画公式参加曲に「LET IT DIE〜おまえに届くまで〜」が決定。
    2017年
    2月8日キングレコード/NEXUSレーベルよりアルバムデビュー。
    デビューアルバム「Vorchaos」のリードトラックが映画「ヴァンパイア ナイト」の主題歌に抜擢、ニッポン放送では、「2月度オールナイトニッポン・ディレクターズプッシュ」に選抜される。
    2月24日渋谷CYCLONEでのワンマンライブを皮切りに、6月30日アストロホールでのワンマンライブでのファイナルまで全国各地で、メジャー・デビュー・ツアー敢行。
    フェス、イベントなど、引き続きライブを多数行っている。

[Profile]

[Member]Jun (Vo.), Kaz (Gt.), Yuzo (Gt.), Fuji (Ba.), Masashi “USHI” Ushijima (Dr.)Being active since 2010. As recent lineup, since 2012. They’ve been pursuing possibility of Heavy/Loud music through their roots like Metal, thrash, and metal core without being musically categorized.
Expressing two dimensions which humans have, vortex of emotions with aggressive and heavy sound. Those are the reasons that they get large support from traditional metal fans, and also young loud music fans from all over the world.

[Shows, Festivals]

  • Oct, Opening act for “LOUDNESS TRIBUTE TO MUNETAKA HIGUCHI”
  • APR, CLUB CITTA “Juu-Ongakusai-Benefit for OUR JAPAN” (Played at Main stage, Festival)
  • Apr, Metal festival in Taiwan and Japan “Hell ride”
  • Jan, Kichijoji Crescendo “Angers vs Vorchaos”
  • June, 2013 Kichijoji Crescendo, “Heavy groove”, shared stage with DAZZLE VISION, Soundwitch.
  • Nov, 2013 Harajuku Astro hall, Release party “Vortex of chaos vol. zero”
  • Dec, 2013 Kichijoji Crescendo, Release party “Vortex of chaos vol. zero’(dash)”
  • Apr-July, 2014 1st Tour
  • Nov, 2014 1st one-man show.
  • July, 2015 2nd one-man show.
  • July-Mar, 2015-2016 2nd Tour
  • Nov, 2015 3rd one-man show.
  • March, 2016 4th one-man show.
  • June, 2016 5th one-man show.
  • Nov, 2016 6th one-man show.
  • Feb, 2017 7th one-man show.
  • Apr-July, 2017 3rd Tour

 

[Media]

Radio station;
TBS RADIO,FM OSAKA、FM AOMORI,FM IWATE,FM Fukushima,K-Mix,Be FM,RADIO MORIOKA,Radio Kansai,FM Hanamaki,FM ASMO,Osyu FM,FM BAY WAVE,FM TARO, Radio Nihon, FM radio drama city, Rainbow town FM, COAST-FM, FM-Hi!, g-sky76.5, FM URAYASU,FM aiai,YES-fm,FM Kita,FM Yokkaichi,FM IWANUMA,MUSASHINO FM,Radio momo,FM Kurashiki,RSK-SanyoBroadcasting,and more

    Magazines;

  • BURRN!
  • Young guitar Magazine
  • Rythm&Drum Magazine
  • PINHEAD
  • CD Journal
  • Tokyo Departure House
  • WeROCK
  • Plyer

[Distributor]

diskunion, HMV, Tower records, Amazon, iTunes